与えてはいけないもの

犬の健康のためには、飼い主のドッグフード選びが重要となりますが、それをもう少し掘り下げて説明します。犬の健康によいドッグフード選びは、つまり犬に絶対に与えてはいけないドッグフードの見分けるということになってきます。このとき最も注意する点は、やはり原材料でしょう。原材料表記をしっかりと確認することが大切になってくるのです。

原材料は多く含まれるものから記載されています。肉類の前に穀物類や野菜類があるものは避けてください。また、その肉類ですが副産物、ミール、粉、パウダーといった表記がなされているものはよくありません。例えば、病気になったり薬殺処分された家畜の肉が使われている恐れがあるのです。

また、穀物類、野菜類の部分もしっかりと確認しましょう。動物性油脂やビートパルプといった記載があるものは選んではいけません。動物性油脂には酸化防止剤が多く含まれていますし、ビートパルプには酸性の薬品が使われています。

また、穀物類は犬にとっては苦手な食べ物です。こういったものを食べさせると、アレルギーや下痢などを起こすことがあります。その他にも、保存料を使用しているものは当然避けるべきですし、食塩が含まれているものも注意が必要です。購入の際は、これらのことに気を付けてください。

ドッグフード関連情報・・・カナガン
穀物、人工添加物不使用のドッグフードです。