犬とドッグフードの関係

番犬として飼われていた時代を経て、犬は今や家族の一員として人間と共に生活しています。寿命も以前と比べ飛躍的に伸びましたが、逆に以前では考えられなかったような病気やアレルギーも蔓延しているのです。このサイトでは、犬の健康とドッグフードについて説明します。

健康の源は食生活からです。これは人間も犬も変わりがありません。ただ、人間の場合は自分が食べるものは自分で選べます。しかし、犬の場合は飼い主が与えるものがすべてとなります。つまり、犬の健康は飼い主次第ということにもなるのです。飼い主が与えるドッグフードのよしあしで、犬の健康や寿命が大きく左右されるのです。

では、どのようなドッグフードを与えるのがよいのでしょう。犬は元々は肉食動物です。番犬として飼っていた頃は、人間の残り物を与えていましたが、実はこれは犬にとってはよくないのです。人間は穀物を食べますが、犬は穀物をうまく消化できません。下痢を起こしたりする原因ともなるのです。

このように、飼い主のドッグフードに対しての知識が不充分だと、犬の健康維持は保たれません。ドッグフードの原材料をしっかりと確認し、どういったものが含まれているのか調べる必要があります。肉類、穀物類、野菜類、あるいは酸化防止剤や着色料、保存料といった多くの食品でドッグフードは構成されています。犬にとってどれが有効で、どれが悪影響を及ぼすのか。このサイトが少しでも参考になれば幸いです。