ドッグフードの選び方

犬も人間も健康を維持するには、食生活が大きく関係してきます。ただ、犬は自らドッグフードを選べません。飼い主が与えてくれるものを食べるだけなのです。つまり、犬の健康維持は飼い主が握っているとも言えるのです。では、どのような点に気を付けてドッグフードを選べばいいのでしょう。

まずは、穀物不使用のものを選んでください。人間にとっては必要である麦やとうもろこしなどの穀物ですが、犬にとっては負担以外のなにものでもありません。犬は本来、肉食の動物です。つまり、身体が穀物を消化するようにできていないのです。粗悪なドッグフードの中には、かさ増しのために大量の穀物が加えているものがあるのです。

次に、ヒューマングレードであるということです。これは、人間も食べられるという高品質の証ですので、メーカー側にとっても自信作と言えます。ただ、ドッグフードのパッケージに、単に高品質とだけ印字されているものがありますが、それだけでは不充分です。

また、添加物の問題もあります。着色料や酸化防止剤、保存料などが混入しているドッグフードは絶対に避けるべきです。このように、犬の健康維持には飼い主のドッグフード選びが大きく関係してきます。粗悪なものを避け、ここに紹介した点に気を付けて買い与えてください。